無毛症(むもうしょう)の診断・原因・診断・治療

生まれつきもしくは生後すぐに発病するのが無毛症という疾患です。遺伝が原因とも考えられていますが、大きな悩みとなる疾患です。

サイトトップ > 無毛症の基礎知識

スポンサードリンク

無毛症(むもうしょう)の診断・原因・診断・治療

無毛症の基礎知識


無毛症(むもうしょう:atrichia)は、毛髪が完全に欠如している状態を指しています。厳密には、生まれつき、又は生後早期のうちに毛髪を失ってしまう状態のことで、病型としては、主に先天性無毛症、先天性乏毛症、遺伝性症候群に伴う無毛症の3つがあります。


毛髪の欠如を意味する点では同じように見えるのが脱毛症ですが、脱毛症は発毛後の後天的症状を含む場合が多いため、実際にはやや異なっています。基本的には毛の先天的欠落の意味あいが強い傾向にあるようで、これは先天性乏毛症と並ぶ先天性脱毛症として、毛の完全な欠落を特徴していますが、症例の多くは常染色体劣性(常染色体上にある劣性遺伝子によって形質が発現する遺伝)の遺伝を示しています。


全身の毛髪が生まれた時から無い場合もありますが、その多くは、いったんは発毛して生まれた後に、生後1~6ヵ月の間に完全に毛髪が脱落し、それ以後は発育しない状態になります。


先天性乏毛症の方は、生まれた時には正常な毛髪が認められているのに、以後は徐々に脱毛が進んで、細い毛がまばらに生えているような状態になります。


遺伝性症候群については詳しくは後述しますが、ウェルナー症候群(Werner Syndrome)、ネザートン症候群(Netherton Syndrome)があります。


無毛症(むもうしょう)の診断・原因・診断・治療

MENU



スポンサードリンク